卒業式で袴レンタルするならアンジュの卒業袴

お気に入りボタン

予約メニュー

小物

レンタル袴の小物コーデ特集!さらに可愛くなりたい方へ

「卒業式に向けて袴をレンタル予約したし、あとは当日に着るだけ」って思っていませんか?
実は、袴だけではなく小物も一緒にレンタルすれば、袴スタイルの可愛さをより演出するコーディネートができるのです。
ワンランク上の袴スタイルのコーディネートには小物が欠かせません。

ここでは代表的なものをいくつか紹介します。
可愛さあふれる自分らしいコーディネートの参考にしてください。

履物

レンタル袴と一緒にレンタルできるのがブーツや草履といった「履物」です。
いざレンタルしようとしたとき、ブーツと草履はどちらも魅力があって選ぶのがなかなか難しいと思います。
ここでは両方のメリット・デメリットを紹介します。
是非、レンタルの際には参考にしてくださいね。

雅で和のイメージを引き立てるなら「草履」!

袴に草履を合わせたスタイル

和装の際の履物は草履が基本ということもあり、「袴に合わせるなら草履」と考える人は多いと思います。
洋靴が日本で広まる前の履物の主流は草履でした。それだけに、和装との相性は抜群です。
袴スタイルに草履を組み合わせれば和装の美しさをより引き立てて、古典的な雰囲気で上品な印象を与えることができます。
コーディネートの面で言っても、草履ならどんな着物や袴にも違和感なくマッチさせやすく、着物や髪飾りの柄に合わることができます。
コーディネート次第で自分らしさを出しやすいのも草履ならではのメリットといえるでしょう。
他にも草履のメリットといえば、履き脱ぎのしやすさが挙げられます。
普段着慣れない着物を着ている際には、この履きやすさ・脱ぎやすさは助かります。

草履のデメリット

草履で注意すべき点は、普段履き慣れない分、歩きにくかったり足を痛めたりするかもしれないということです。
雨や雪などの悪天候の際には路面に気を付けながら歩くのはもちろんですが、足の冷えや濡れにも注意しましょう。

レトロで可愛いハイカラさんコーディネートなら「ブーツ」!

袴にブーツを合わせたスタイル

和装の際における履物の基本は草履ですが、最近では厳密にこだわることもないため、ブーツを合わせて楽しむ人も多く見られます。
なぜかというと、袴とブーツの組み合わせは、ハイカラさんのモダンレトロな雰囲気の出るコーディネートだからです
大正ロマン香るそのスタイルに可愛さを感じて、選ぶ人が多いのです。

ブーツにはヒールの高さがある分、背が低い人でもスラリと長身かつ脚長に見え、スタイルアップが期待できるというメリットもあります。
草履と違い、ブーツは普段履き慣れている分疲れにくいという点や、靴下やタイツで防水や防寒の対策がしやすいという点も、メリットとして挙げられます。

ブーツのデメリット

履き脱ぎが容易な草履と比べて、履き脱ぎに手間が掛かってしまう、紐がほどけるといちいち結び直さなくてはならないというデメリットがあります。
また着物のデザインによっては、ブーツを合わせることでカジュアルに見えてしまい、卒業式という厳かな式典には不釣り合いになってしまう場合もあります。

コーディネートのバランスをしっかり考えて、式典に似合うブーツを選びましょう。

ヘアセットを髪飾りでさらに美しく!

袴におすすめの髪飾り

袴はヘアスタイルによってぐっと雰囲気が変わるもの。
袴の柄や模様を考えるのも楽しいですが、卒業式にどの髪型にするか考えるのも楽しみのひとつではないでしょうか。
そんなお嬢様の髪型をさらに華やかにさせるために欠かせないのが髪飾りなんです。
きっちり可愛くセットした髪型に、大小問わず髪飾りを加えれば袴スタイルの美しさ、可愛さに磨きがかかること間違いなしです。

アンジュでは、花を大胆にあしらったものから、水引、つまみ細工など定番人気のものからトレンドのものまで豊富に揃えています。
お嬢様のヘアセットやお衣裳に合わせて、お好みの髪飾りを見つけてください。
ヘアセットの後、ご用意したものの中からお好きなものをお選びいただけます。

意外と重要なワンポイントアクセント「衿」

袴や髪型の華やかさのみ注目してはいけません。
袴には、重要なワンポイントアクセントになる「衿(えり)」があります。

袴には、写真で見るとピンクの水玉が入っている白い衿が「半衿」と、赤く細い部分が「重ね衿」という二つの種類があります。
重ね衿に関してはもともとそういうラインが入ったデザインの着物のようにも見えますが、まったく別の布です。
お雛様の十二単のように、着物を何重に重ねて豪華にする「重ね着」の効果を出すのが重ね衿です。
十二単のように何回も重ねるわけではありませんが、これを着るだけで華やかさがかなり変わってきます。
デザインも豊富なので、着物の柄にあったものを選んでいただけます。

半衿はファンデーションや汗などの首元の汚れが長襦袢につかないようにするために使われています。
さらに半衿には長襦袢をカバーする目的だけでなく、装飾の目的もあります。
半衿のデザインは「白」「刺繍入り」「色あり」「柄あり」など多種多様。
装飾も目的としているため、これだけのデザインがあるのです。

例えばピンク色の水玉模様のものだったり……
このように青が基調の爽やかな模様のものもあります。
半衿が違うだけでも、かなり印象が変わってくると思いませんか?
一見、細かい部分ではありますが袴のイメージにワンポイントアクセントを加える重要な部分なのです。

アンジュなら、刺繡衿、柄衿、豊富な種類から衿を選ぶ事が可能です。
人と違う衿を取り入れて、自分だけの袴スタイルを目指しましょう。

和装のためのバッグ「巾着」

袴に合わせる巾着

つま先から髪型まで華やかにセットしても、当日持っていくバッグが洋風のバッグでは袴とのデザインが合わず浮いてしまいます。
そこで袴レンタルしてくださったお嬢様に合わせてレンタルして頂いてるのが巾着です。
袴の装いにもピッタリでコーディネートを崩す心配もありません。

一見小さいようにも見えますが、長財布もスマートフォンも入る大き目のサイズもあります。

いざというとき巾着に入っていたら便利なモノ

きっちり袴や持ち物を揃えても、卒業式当日になれば予期せぬトラブルに襲われることはしばしばあります。
そんな時に慌てないために、巾着に入っていたら必ず役に立つ便利なものを紹介します。

  • 絆創膏…慣れない草履やブーツで靴擦れが起こることも。事前に用意しておくと安心です。
  • カイロやストールなどの防寒具…3月の卒業式でも会場内は冷えます。防寒対策はしっかり
  • ヘアピン…万が一ヘアセットが崩れたときの応急処置に使います!あると何かと便利です。
  • 携帯充電器…朝から夜まで一日中予定が詰まっている場合は充電器も忘れずに。
  • クリップや洗濯バサミ…お手洗いに行く際にあると便利。着崩れの不安が軽減されます。
  • サブバッグ…予想外に荷物が増えた時に便利なのがサブバッグ。折りたためるものを巾着の底に入れておきましょう。
  • 目薬…先生や学友との別れを惜しんで涙を流した目をすっきりさせるために。写真写り対策にも◎

まとめ

袴だけでも美しく華やかですが、細かい小物にも気を配ることによって、より美しい袴スタイルに仕上げることができることがわかっていただけたと思います。

そして、ここまでやれば袴で卒業式を迎えることにもう不安はないはずです。
学生生活最後の卒業式を笑顔で過ごし、最高の思い出にしてください。

※この記事は公開当時の情報を元に作成されています。 レンタルプラン・商品情報・金額などに関しては年度ごとに異なる可能性があり、 記事内には取り扱いのないサービスが含まれていることがございます。 ご予約の際は最新の情報をご確認ください※